こんばんは。

今日、テロ等準備罪(通称:共謀罪)法案が参議院にて採決、可決されました。

今回の採決は強行採決と言われてもおかしくない程の採決でした。中間報告と言われるものが無い状態での採決でした。

その採決の際に、福島瑞穂ら社会民主党の議員3名が牛歩をし無効票を投じました。この人たちは山本太郎が安保法制の採決の際に散々に批判を受けたことを忘れたんでしょうか(笑)
今回は議会側がその事を生かし、牛歩を行った議員らを無効としたのであると思います。

そもそもなぜ牛歩をする必要がるのでしょうか?

投票というのは原則として時間が決まっているものです。選挙や、Twitterのアンケートは時間が決まっていますよね。同じように議会も時間は決まっています。
その時間を長引かせようとするのは議会制間接民主主義への冒涜に過ぎないと私は思っています。
彼らはどうせ「権力に抵抗する私らカッコいい」なんて思っているんでしょうね(笑)

また、民進党の小西洋之議員が亡命宣言を出していますが、未だ行動に移される様子はありません。有言実行できないから支持率が下がるのではないのでしょうか。実行したら少しは支持率が上がるのではないのでしょうか。

その他にも野間易道が「強行採決してから本番」「長めのレジスタンスの時代が来る」、ノイホイこと菅野完が「もっとも誇り高き生き方は『共謀罪第一号』になること」などと発言しています。
彼らはもう開き直って逮捕されようとしていますよね(笑)
早く逮捕されることを望みますって、これヘイトかな?

彼ら反政府のパヨクは、自身が逮捕されるのが分かっているから反対しているのは当たり前なのですが「自分たちが逮捕されるのだから桜井誠は逮捕されないのか」という無駄な質問が多いです(笑)
パヨクたちと違って疚しいことがないからなのですが、それが分からないようです。

彼らはテロ行為とも呼べる活動を個人単位で計画することかと思いますので要注意してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキング参加中です。


保守ランキング

特定アジアランキング 

______________________________________________

アンケートにご協力をお願いします。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お勧めサイト

日本第一党 
行動する保守運動 
Doronpaの独り言 
我が戦線~行動する保守運動~ 
J-flag
反行会
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック